スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 井上雪子
 
[スポンサー広告
ビビリ
ニャホは基本ビビリです。

飼い主から見ると、、、、
1代目のミロはクールな男。
そんなミロと比べるとニャホはかなりおまぬけなヤツです。

初めての物を見たり触った時

しっぽがボーンと膨らみます。

見てて楽しいのですが

私が物を落としたり、足音をばたばたとを立ててしまった時も

ビビって、しっぽをふくらませダッシュでタンスの下へ隠れます。

(その後、今のなんだったの?と確認しにハテナ顔で
ソロソロと近づいて来るのがオモシロイ)

shippo.jpg
(↑新聞紙を丸めたものにビビるニャホ)

反応があって面白いのですが

うちのフェレットこんなビビリで大丈夫か!?

という親心もあり

「脱ビビり」という事で、あえて脅かしてやりました。

部屋の隅から怖い声を出しつつ
四つん這いで、あり得ない動きをしながら

ニャホに近づいてみました。

すると、、、真剣な表情で逃げ惑うニャホ。
そして「キャンキャーン!」と子犬のような声を出して
タンスの下へ隠れてしまいました。

相当怖かったんでしょう。(そりゃそうだ)

鳴かないフェレットを泣かせてしまったんだもの。。。。

それ以来、ちょっと背中に触ろうとしても

(°д°)ビクッ!!

とされるようになり

脱ビビリ計画は大失敗に終わってしまいました。

まるで、、、
「ハハハハハ!お父さんが鍛えてやるぞぅ~♪」
と言って無茶な抱っこをして、子供がトラウマになるほど泣き叫ぶ図と
よく似ています。

あぁ、ごめんね。ニャホ。

Posted by 井上雪子
 
[我が家のフェレット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。