スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 井上雪子
 
[スポンサー広告
熱過ぎるお茶で「咽喉がん」
ヤフーニュースでこんな記事を見つけました。
日本茶アドバイザー井上としては興味津々。

---------------------
熱過ぎるお茶で「咽喉がん」になる可能性=研究

イランの研究者らは
熱過ぎるお茶を飲むと咽喉がんになる可能性がある
との研究結果を発表した。

研究では70度を超える熱いお茶を飲むことは
65度以下に冷めたお茶を飲むのに比べ
咽喉がんになるリスクが8倍に増えるとしている。

 調査の結果、お茶を注いでから2分以内に飲む人は
4分以上待ってから飲む人に比べ、がんになる確率が5倍高かったことも分かったという。

英医学会会報では、お茶の温度は平均56─60度が望ましいと指摘している。

----------------

日本茶はぬるめに入れると甘みが出て
リラックス効果のあるテアニンも増えて
美味しいお茶になります。

逆に、熱めのお湯で入れたお茶はカテキンがいっぱい~。
カテキンには抗酸化作用があるのでガン予防になると
勉強しましたが、熱めのお茶では
逆に喉頭ガンの確率を高めるとは驚きです。

熱ーいお茶は冷ましていただくよう気をつけましょうー★
Posted by 井上雪子
 
[今日のしるし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。